料理について

お問い合わせ

丹後・但馬の食材を使った 料理について

「水産卸直営ならではの鮮度を生かす逸品」

レイクサイド琴引を運営する「株式会社 小谷常」は水産物の卸業を営んでおり、宿前に隣接する丹後ひもの屋のプロの目利き人が毎朝、近隣漁港より仕入れる魚介類をはじめ丹後と但馬の旨いもんをふんだんに使用した鮮度が生きる舟町料理。四季折々、移り往く旬菜の数々で彩る自慢の味を是非、一度ご賞味下さい。

「丹後を味わう、旬菜の数々…」

日本海で穫れる四季折々の旬の魚介をはじめ、地元の米や地酒に果物や肉や野菜など丹後は旨いもんに溢れています!旬を彩る多彩な食材を使用して熟練の料理人が作る創作会席。此処でしか味わえない最高の鮮度で繊細な旨味をお届け致します。

山陰地方の冬の王様松葉がに

丹後の冬といえば松葉がに。蟹漁が解禁になる11月6日からは港が一層活気づくシーズンです。当館自慢の本場、活松葉がに。ぜひ本物の味をご堪能ください!

幻の魚、日本海の高級魚のどぐろ

9月から5月にかけての底引き漁で稀に入る幻の魚。白身のトロとも称され、上品ながらも溢れんばかりの豊潤な脂が絶品!口の中が黒いことから「のどぐろ」と呼ばれます。

久美浜湾・舞鶴湾の牡蠣

夏は舞鶴湾より濃厚でクリーミーな天然の岩牡蠣が届きます。
冬はプランクトンが豊富な久美浜湾で育ったカキが絶品!
ぷりっぷりの食感とミルキーな味をお楽しみ下さい。

誰もが唸る、とろける旨味但馬牛

黒毛和牛の祖といえば但馬牛。
赤身と脂の旨さの絶妙なバランスとスッととろける良質なサシと締まった肉質に潜む濃厚な旨味は但馬牛ならではの魅力。

まだまだ、あります!旨いもん!!

  • 夏が旬のウニ

  • 丹後の味!鬼海老

  • 透き通る旨味!活イカ

  • 近海で穫れるアワビ

丹後の冬は、
幻の間人蟹

「緑のタグが間人蟹の証!最高級、松葉蟹」

身詰まりや品質はもちろん鮮度が素晴らしい一番ガニ。それは…大サイズの活蟹の雄を一枚一枚定められた基準(大きさ、容姿、重さ、色艶、堅さ等)に基づき選別(仕分け)された中の最上級の品質を意味します。

  • 鮮度抜群!かに刺し

  • 甘みが増す!焼きカニ

  • 絶対、外せない!カニスキ

生簀いけす活蟹かつがにプラン

「水産卸直営ならではの!生簀から選んで、お得に活蟹を味わう…」

宿前に隣接する魚屋「丹後ひもの屋」の生簀には冬場、生きたブランド蟹がいっぱい!お客様自身が生簀からご予算に応じて選び、お好みの食べ方で味わえる「鮮味の極み」を是非、一度体感してみませんか?